自主事業のご案内

富士市文化振興財団では、富士市文化会館ロゼシアターを地域文化活動の拠点として、文化の活動支援を提供するとともに、地域市民に望まれる舞台芸術を展開していくことを使命としています。そのため、「普及事業」「育成事業」「創作事業」「交流事業」「鑑賞事業」「協力事業」「共催事業」「広報事業」を中心にその事業運営を行っています。

普及事業

市民各層に気軽に芸術文化を鑑賞し、また参加する場を提供し、芸術文化に対する理解を深め、完成を高めてもらうべく事業を展開し、“鑑賞する文化”の向上を目的とする。さらに、未来を担う青少年を対象とした事業も重点的に行い、鑑賞能力を培う土壌づくりを目指す。

育成事業

文化会館が市民文化の創造と発信の場となるために、市民・市民団体の指導・実技・育成講座を開催し、レベルの向上を図る。併せて発表の場を提供することにより、郷土の芸術家の発掘と支援を行い、“創造する文化”の向上を目的とする。

創作事業

参加者または出演者等を市民から募り、企画・立案・制作を財団が担い、財団と市民が一体となって地域のオリジナルな文化を“創造し上演”することを目的とする。

交流事業

プロの芸術家と地域のアマチュアの交流、地域文化活動団体と市民の交流、地域文化活動団体間の交流、異国間・異文化の交流など、文化活動の交流する機会を提供することにより“地域における文化交流”の向上を目的とする。

鑑賞事業

国内外で活動するプロによる芸術文化や市民が要望するステージ、および展示会等の“鑑賞する機会”を提供することを目的とする。

協力事業

地域における文化活動において、文化の向上に繋がる事業への協力を目的とする。

共催事業

優れたステージや市民が要望するステージ、および展示会等の鑑賞を業者との名義共催により提供する。

広報事業

より多くの市民に財団の事業内容を知ってもらい、会館に足を運んでもらう為、財団主催事業の広報を中心に、情報誌ロゼなどを始めとする財団の広報を行う。